妊娠中だけじゃなくて産後も葉酸を摂ったほうがいい?

 

葉酸と言えば、胎児の神経管閉鎖障害と言う先天性疾患のリスクを下げる事が出来るとして、妊娠初期に摂ることが推奨されている栄養素ですね。

ただ、実は妊娠中だけでなく産後も葉酸を摂ったほうがいいとされているんですよ!

それはどうしてなのでしょう?

ここでは、葉酸が産後の体に良い理由についてまとめました。

母乳の出を良くしてくれる

葉酸は造血のビタミンとも呼ばれており、赤血球の元になる赤芽球の合成に関与しています。

母乳は血液から出来ているため、葉酸をしっかり摂ることで母乳の出が良くなるという効果が見込めます。

さらに母乳の出を良くするだけでなく、母乳を通して赤ちゃんの発育に寄与するというのも葉酸の大きなメリット。

葉酸には細胞分裂をサポートする働きがありますから、細胞分裂がスムーズに行われることで赤ちゃんの成長に大きく役立ってくれますね。

産後の子宮回復を早める

細胞分裂を助けるという葉酸の働きは、産後の母体にも効果を発揮してくれます。

出産と言う大仕事を終えた後の子宮は大きなダメージを受けている状態ですが、葉酸の働きによって子宮の細胞分裂を促進することで、子宮の回復を早める効果があるのです。

 

産後うつを防ぐ

産後というのはただでさえ慣れない赤ちゃんのお世話で大変な上に、ホルモンバランスも乱れているため精神的にも不安定になりがち。

実は産後うつを防ぐためにも葉酸は大事だと言われています。それは、葉酸が脳の神経系に働きかける役割があるから。

実際に国立国際医療研究センターの研究でも、葉酸を摂取することによりうつ改善効果が見込めるという結果が出ているんですよ。

まとめ

ここでは、葉酸が産後の体に良い理由についてまとめました。

葉酸は妊娠中だけでなく、産後の母体、そして赤ちゃんのためにも必要な成分なんですね。

現在妊娠中で葉酸サプリを飲んでいるという人は、是非産後も継続して飲むことをおススメします!

 

妊娠初期にしっかり取りたい葉酸サプリメントの選び方

 

妊娠中の赤ちゃんの障害リスクを減らすためにも、妊活中からしっかり取りたいのが葉酸です。

今はたくさん葉酸サプリメントがあふれていますから、どれを選んだらいいんだろうと迷っていませんか?

そんな葉酸サプリメント選びのポイントをご紹介しましょう。

葉酸の含有量が適量なもの

健康な赤ちゃんのためにも、1日に必要だとされている葉酸の量をサプリで補っていくのが大切ですよね。

厚生労働省では妊娠初期にはサプリメントで1日に400μgの葉酸を補うことが推奨されています。

だから、サプリを選ぶ時には葉酸がどのくらい含まれているかをまずはチェックしてみましょう。

最低でも推奨量の400μgの葉酸が含まれているものがベストなので、成分表などで葉酸の含有量を見てから400μg以上のものを選びましょう。

葉酸のタイプにも注目

葉酸サプリの葉酸のタイプによっても、効き目が高いものかどうかが判断できます。

ポリグルタミン酸という天然葉酸とモノグルタミン酸とうい合成葉酸の主に2つのタイプがあるんです。

当然、天然の方が体にも優しくて効き目もあるように思いますよね?

ところが、これが全く逆で、実は合成葉酸を飲むように厚生労働省では推奨されているんです。

天然葉酸は体へ吸収されにくく約50%くらいしかないのに対して、合成葉酸の吸収率は約85%もあるんです。

それに、天然の場合は原材料に含まれている葉酸の量にばらつきがあったり、不純物がしっかり取り除かれていないこともあります。

だから、品質が安定していて体への吸収率がいい合成葉酸の方がいいというわけなんですね。

これも成分表でチェックしてみて、モノグルタミン酸とか合成葉酸と書かれているものを選びましょう

サプリメントの安全性

赤ちゃんのためにもママのためにも、毎日飲むサプリメントは体に安全なものがいいですよね。

危険な添加物が含まれていない無添加のもので、安全性の高いサプリを選びましょう。

また、サプリの品質も求めたいですから、厳格な審査にパスしているGMP認定工場で作られていて、パッケージや容器にGMPというマークが付いているものなら安心です。

まとめ

葉酸サプリもポイントを抑えて選べば失敗がなくなります。

赤ちゃんの健康を守るために重要な葉酸ですから、少しでも効果が得られて妊娠中でも無理なく飲める、自分に合ったサプリメントを見つけましょう。

 

マタニティーブルーとは特別なことではなく誰にでも起こり得ること

 

心と体の変化がマタニティーブルーの原因に

妊娠して変化していくのは自分の体だけでなく心もです。

特に妊娠したことによって女性ホルモンのバランスは乱れますから、それによって精神面で変化が起きることも少なくないです。

なんでもないことで泣けたり、自分の性格が変わったと感じることもあるでしょう。

妊娠するということはとても素敵なことですが、どんどん変化していく体に戸惑いを感じる人というのもいるものです。

 

また、肌にも変化が現れることがあります。

今まで肌にあっていたスキンケアが急に肌に合わなくなったり、肌荒れを感じてしまう人というのもいるものです。

ですから妊娠を気に化粧品を変える人も多いです。

こうした今まで使っていた、愛用していたコスメが合わなくなるというのも精神的ダメージになり、マタニティーブルーの原因になることもあるものです。

そのため、妊婦さんには妊娠中におすすめなコスメがあります。

妊娠時期に急にシミが増えてしまう人もいるので、妊婦さんに選ばれているコスメランキングなどもチェックしてみると良いです。

オーガニックコスメなど、低刺激のコスメを選ぶことで妊娠期の肌トラブルに悩むことが少なくなるものです。

気分を明るくすることでマタニティーブルーを乗り切る

また、妊娠を機に仕事を辞めた女性であったり産休に入った女性であればこれからの自分の将来に不安を感じたり、育児の道に進むことに悩むようなこともあるでしょう。

ですがマタニティーブルーが悪化しないように、困ったことがあればすぐに誰かに頼ってみてもいいでしょう

誰かに頼ることで迷いが解決できたり、悩みが解消できるようなこともあるでしょう。

 

ですが、今まで何でも自分で行動してきたような女性であれば急に人に頼るのも勇気がいるので、SNSなど気軽に使えるものを利用していくといいでしょう。

SNSでも会話が楽しめたり、育児相談に答えてもらえることが多いです。

同じ趣味を持つ人同士が集まったり、交流を深めることができるSNSは自由に外に出られなくても楽しいでしょう

自分の知らない育児情報も知ることができます。

妊婦さんが 葉酸サプリの摂取を薦められるのはなぜでしょうか?

 

妊婦には葉酸が良い!と聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

実際妊婦さん向けの雑誌やメディアでは多くの葉酸サプリの紹介が載っていると思います。

実は葉酸は妊婦さんとお腹の赤ちゃんにとって良いことがたくさんあります。

葉酸はサプリで効率よく摂取できるママと赤ちゃんの為の栄養です。

葉酸を摂取するには?

葉酸とはビタミンB群の仲間です。

葉酸はほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜、いちごやマンゴーなどの果物、豆類、ナッツ、レバーなどに多く含まれています。

葉酸は身体の中で作れない栄養素なので食べ物で摂取するしかありません

余裕にある時は料理をして食事から摂取できますが妊娠中は体調も安定せずしんどい時もありますよね。

また葉酸は水溶性なので調理中に溶けだしてしまい十分に食事から摂れない場合もあります。

そんな時は葉酸サプリで摂取することをおすすめします。

妊婦さん向けの葉酸サプリだと安心して飲む事ができますよ。

流産の予防効果がある

葉酸を摂取した方が良い理由の一つに流産の予防ができるということがあります。

流産は10人に1人位の割合で起こってしまいます。

妊娠初期に起こる流産の理由の7割は胎児の染色体異常といわれていますが、葉酸は染色体異常を軽減する効果があるといわれています。

ですので妊娠前~妊娠超初期にかけては特に葉酸を摂取することが大切です。

先天性障害のリスクが下がる

葉酸は胎児の細胞分裂を助けることが出来る成分です。

妊娠初期は胎児の脳や脊髄が作られるたいせつな時です。

妊娠初期の間に葉酸を摂取すれば先天性障害の神経管閉鎖障害(NTDs)リスクが70~80%下がるといわれています。

ママの貧血予防になる

妊娠中のママはお腹の赤ちゃんの為にたくさんの血液が必要になり貧血になりやすくなってしまいます。

葉酸には血液を増やす力があるので妊婦ママの強い味方です。

特に妊娠中期~後期ママに貧血が多いので要注意です。

まとめ

妊娠中に葉酸は欠かせないものです。

食事やサプリでしっかり葉酸を取り入れてママも赤ちゃんも元気に過ごしましょう!

 

妊婦が葉酸サプリを摂取するメリットを知って安心安全な妊婦生活を

 

妊娠中、食べ物には気を使いたいものです。

妊娠中は貧血や便秘などにも悩みがちですから、健康管理のためにもバランスいい栄養を心がけていきたいものです。

そこでが注目なのが葉酸サプリです。

カプセルタイプや錠剤タイプになっているものは、飲みやすく量の調整も簡単ですから使いやすいという意味でおすすめです。

また、普段から薬でもカプセルや錠剤が苦手だという人であれば、細かくして料理やヨーグルトなどに混ぜてみても良いでしょう。

便秘解消のためにヨーグルトを摂取する妊婦さんは多いかと思いますが、葉酸サプリも体調管理の一つとして取り入れていくと良いです。

また、妊娠中の方だけでなく好き嫌いの多い方、成長期の子供、食べる量・栄養が不足しがちな中高年の方にもおすすめです。

妊婦さんは特につわりで食欲がなかったり、野菜を見ても気持ち悪くなるようなことがあるので葉酸サプリで必要な栄養を補っていくと良いです。

葉酸サプリで効率良く栄養管理ができる

女性には、女性ならではのデリケートな問題、悩みがいくつかあるかと思います。

そしてそういったデリケートな悩みが多くなるのが妊娠中です。

便秘もその一つで、普段便秘になっていない人でも妊娠を機に便秘になってしまうことがあるものです。

ですが、例え妊娠中であっても便秘の悩みで医者を訪れるのも恥ずかしがる女性もいるのではないでしょうか。

ですから便秘対策として野菜を多く食べるようにする人もいますが、好き嫌いがあったり、つわりで食べられないとどんどん便秘は悪化してしまうものです。

また、つわりは収まっても、胎児がどんどん大きくなることで胃が圧迫されてたくさん食べられないようなこともあるものです。

ですからこういった時、野菜ジュースやスムージーなども良いですが、それよりももっと多くの栄養成分を補うことができる葉酸サプリがおすすめです。

葉酸サプリであれば、小さな粒の中に野菜に含まれる栄養素他、美容成分も配合されていることが多いので、とても効率よく安全に栄養を補うことができ、メリットも多いでしょう。

妊娠中だけではなく妊娠前から葉酸サプリは必要?その理由は?

 

胎児の神経管閉鎖障害と言う先天性異常を防いでくれるということで、特に妊娠初期の妊婦さんは十分に摂取することが勧められている葉酸。

実際、妊娠が判明したらすぐに葉酸サプリを買って飲み始めた…という人は多いはず。

でも、実は妊娠してからではなく、妊娠前から葉酸サプリを飲むことが必要だとされているのです。

この記事では、それは何故なのかについてまとめてみました。

妊娠してからでは遅い

例えば生理予定日から1週間ほど経過しても生理が来ず、検査薬で検査して妊娠が判明したとして、その時にはすでに妊娠5週に入っています

受精卵が出来てから着床する頃はまだ妊娠3週程度になりますが、その頃からすでに受精卵はどんどん細胞分裂を繰り返しています。

そして葉酸は細胞分裂をサポートする働きのある栄養素なので、当然この時期にも大量に消費されます。

ということは、妊娠が判明してから葉酸を摂るのでは遅い場合もあるということになります。

いつ妊娠しても受精卵がしっかりと成長するように、妊娠を希望する場合は出来るだけ早い段階から葉酸サプリを摂っておいたほうが安心だということができますね。

妊娠率を上げる・流産を防ぐ

葉酸は造血ビタミンとも呼ばれており、血液の量を増やして貧血を防ぐ作用があるとされています。

そしてその働きから、子宮内の血流を良くしたり子宮内膜を厚くすることで、着床力をアップさせる効果が期待できるのです。

子宮内膜は赤ちゃんのふとんと言われることもあり、ここが十分に厚くフカフカしていると受精卵が着床しやすいとされていますね。

また、子宮内膜が強化されていることで、受精卵の定着率を高めてくれる働きも期待できます。

さらに、細胞分裂をサポートすることで受精卵の正常な成長に寄与し、結果的に流産を防ぐという効果が見込めます。

まとめ

ここでは、妊娠前から葉酸サプリが必要な理由についてまとめました。

妊娠を希望しているという人は、妊娠前からしっかり継続して飲むと安心ですね!