妊娠中だけじゃなくて産後も葉酸を摂ったほうがいい?

 

葉酸と言えば、胎児の神経管閉鎖障害と言う先天性疾患のリスクを下げる事が出来るとして、妊娠初期に摂ることが推奨されている栄養素ですね。

ただ、実は妊娠中だけでなく産後も葉酸を摂ったほうがいいとされているんですよ!

それはどうしてなのでしょう?

ここでは、葉酸が産後の体に良い理由についてまとめました。

母乳の出を良くしてくれる

葉酸は造血のビタミンとも呼ばれており、赤血球の元になる赤芽球の合成に関与しています。

母乳は血液から出来ているため、葉酸をしっかり摂ることで母乳の出が良くなるという効果が見込めます。

さらに母乳の出を良くするだけでなく、母乳を通して赤ちゃんの発育に寄与するというのも葉酸の大きなメリット。

葉酸には細胞分裂をサポートする働きがありますから、細胞分裂がスムーズに行われることで赤ちゃんの成長に大きく役立ってくれますね。

産後の子宮回復を早める

細胞分裂を助けるという葉酸の働きは、産後の母体にも効果を発揮してくれます。

出産と言う大仕事を終えた後の子宮は大きなダメージを受けている状態ですが、葉酸の働きによって子宮の細胞分裂を促進することで、子宮の回復を早める効果があるのです。

 

産後うつを防ぐ

産後というのはただでさえ慣れない赤ちゃんのお世話で大変な上に、ホルモンバランスも乱れているため精神的にも不安定になりがち。

実は産後うつを防ぐためにも葉酸は大事だと言われています。それは、葉酸が脳の神経系に働きかける役割があるから。

実際に国立国際医療研究センターの研究でも、葉酸を摂取することによりうつ改善効果が見込めるという結果が出ているんですよ。

まとめ

ここでは、葉酸が産後の体に良い理由についてまとめました。

葉酸は妊娠中だけでなく、産後の母体、そして赤ちゃんのためにも必要な成分なんですね。

現在妊娠中で葉酸サプリを飲んでいるという人は、是非産後も継続して飲むことをおススメします!