自分で実践することができるセロトニンの3つの増やし方

セロトニンの物質を体内で増やすための方法は、複数存在しています。

 

うつ病を抑制する効果が期待できることから、セロトニンの自分での増やし方を知り、実践するために役立てることが望ましいのではないかと思います。

 

◆1.太陽から降り注ぐ光を浴びる
セロトニンの生成には、太陽の光を浴びることは必要不可欠であると考えられています。

 

体内でセロトニンの物質を効果的に増やすためには、太陽光が重要な材料になるとされているため、できるだけ長い時間太陽光を浴びられる生活習慣をおくることが良いと認識されています。

 

日中の時間帯に活動するように心掛けることや、意識的に屋外に出るなどして太陽の光を浴びられるようにすることなど、簡単な取り組みで実現できる可能性が高いと言えるでしょう。

 

◆2.体を意識的に動かす習慣を取り入れる
運動する時間が長くなるほど、セロトニンの量が体内で増加する可能性が向上するとされています。

 

意識的に歩く時間を増やしたり、階段での昇降による移動を多くしたりするなど、簡単な運動の習慣を細切れに取り入れていくことにより、セロトニンの量が増えていくのではないかとみられています。

 

こうした軽い運動を実践することによるセロトニンの増やし方については、短期間で効果の生じる傾向にあるとも考えられているため、チャレンジする価値があるのではないでしょうか。

 

◆3.腸内の環境を正常に維持する
腸内の環境が正常に維持されると、セロトニンを増やすために必要なトリプトファンという物質が脳に届けられやすくなります。

 

腸の働きが活発な状態を保つことは必要不可欠であると考えられているため、できるだけ腸の働きが停滞しないようにすることがベストであると認識されています。

 

トリプトファンの成分がセロトニンを増やすためには重要なものであると考えられていることから、このような点にも配慮することが求められています。

 

◆まとめ
セロトニンの増やし方には、いくつかの方法が存在しています。

 

そのため、複数の方法を組み合わせながらセロトニンが体内で増えるようにすることは、非常に効果的でうつ病の抑制にも繋げやすいと言えるのではないでしょうか。