うつ病に使われている効うつ剤剤3つの種類と効果について

うつ病になってしまうと病院に通って病気の治療をしないといけません。

 

うつ病の人が飲む薬は様々な種類の薬があります。

 

そこで、うつ病の人が飲む薬の種類についての説明をしていきたいと思います。

 

【1.うつ病の薬、デパスについて】
デパスはうつ病患者に1番多く処方されている薬になります。

 

そのため認知度が高いのでデパスを服用した事がない人でも1度は名前を聞いたことがあるという方も多いと思います。

 

デパスの効果としては、うつ病、神経症における不安、緊張などの抑制、緩和、心身症、高血圧、胃十二指腸潰瘍に対する有効性、睡眠障害時における眠剤作用と、このような効果がある薬になります。

 

【2.うつ病の薬、三環系抗うつ剤について】
三環系抗うつは強力な抗うつ作用がありますが、その分副作用も重篤な副作用があります。

 

そのため現在では、安易には処方しないで他の抗うつ剤が効かない場合にだけ処方するようにしているようです。

 

種類としては、イミプラミン、アミトリプチリン、トリミプラミン、ノルトリプラミン、クロミプラミン、アモキサピン、ドスレピン、アンプリットなどがあります。

 

【3.うつ病の薬、SSRiについて】
SSRiは以前よりも副作用が少ないということから安心感があって様々なうつ病以外の病気でも使用されています。

 

うつ病、うつ状態以外にも不安障害、強迫性障害、対人過敏、吃音、社会不安障害などにも使用されているのです。

 

SSRiは、セロトニン系神経伝達を増強します。

 

効果としてな主に、緊張の緩和、他の神経伝達物質と共同で衝撃性や気分の抑制に関わるような効果があります。

 

【3.うつ病の薬、四環系抗うつ剤について】
四環系抗うつ剤はうつ病で夜に眠ることができない人のために睡眠薬代わりとして使われています。

 

あまり副作用などもありません。

 

ノルアドレナリンを増やすことにより効果がでます。

 

種類としては、マプロチリン、ミアンセリン、セチプチリンがあります。

 

うつ病になりやすい人が持つ性格、その五つの特徴とは?

十五人に一人にがなると言われるうつ病。

 

ならないようにしたいものですが、実際うつ病になりやすい人はどういう性格の人物なのでしょうか?
●1.生真面目●
生真面目な人は、たとえ外的な要因がなかったとしても、「今日の〇〇はうまくいかなかった」とストイックに物を考えてしまい、自らを追い詰めていきます。

 

ちょっとした手抜きでさえ怠けていると考えがちです。

 

生真面目さには、物事に妥協しないが故に、ストレスを溜めやすい側面があるのです。

 

●2.自意識過剰●
自分はだれかに見られている、と思考を進める人も、うつ病になりやすい人です。

 

人の目を気にすることで自らを高める、という良い点もあるのですが、調子が悪くなってしまうと、自分は監視されているとか、悪口を誰かに言われているとか、被害妄想に陥りやすくなり、うつ病を発症してしまいます。

 

●3.責任感・義務感が強い●
責任感や義務感は、物事を達成したり、人間的に成長するためには重要な要因と成り得る物ですが、その一方で常に自らに対し、ストレスをかけ続けることになります。

 

それが酷くなれば、義務感や正義感に自らを圧し潰され、それがうつ病へと繋がってしまうのです。

 

●4.自己責任を感じやすい●
自己責任が強い性格の人は、何か事が起こると、その原因を自らに求めがちです。

 

自己責任の意識自体は資質としては素晴らしく必要とも言えるのですが、何もかも自らの責任として背負ってしまうのは、はけ口を他に求めない分、過大なストレスを抱えることになってしまうのです。

 

●5.感情表現が下手●
世間で言われている所謂「いい人」という人達は、トラブルが起こった時、ついつい「自分が我慢すれば」などと考え、素直な感情を出さず、他人の意見に迎合してしまうことが多いです。

 

周囲との軋轢が起こりにくい分、自らのストレスは溜まり、良くない方向に進んでしまうこともあります。

 

うつ病になりやす人は、「真面目で」「責任感が強くて」「他者との関係をうまく消化出来ない」という性格の人たち、と言うことが出来ます。

 

これらの傾向にあると自覚のある人は注意が必要です。

 

正しく対応して悪化させない、うつ病患者との接し方7つ

身近にうつ病を患う人間がいますか?
対応を誤ってしまうと病状を悪化させ、時には自殺の引き金になってしまいかねません。

 

そこで分からない、不安だと思う方のために、うつ病患者に対する接し方を列挙していきます。

 

●1.患者を受け入れる●
まずは目に前にいるうつ病患者を受け入れることが肝要です。

 

うつ病患者は周囲の人間が思う以上に、自らの病気に対し不安を感じ、なんとかしようと戦っています。

 

彼らにきつく接しても反って病状を悪化させてしまいかねません。

 

●2.声のトーンに気をつける●
うつ病患者は必要以上に神経過敏に陥っています。

 

ですので出来るだけ大きな声を挙げるのは避けましょう。

 

優しい調子で普通より少し控えめな声量で話しますと良いです。

 

彼らの心にはそういった配慮が必要です。

 

●3.励まさない●
うつ病患者は頑張ってきたために、心が疲れきってしまった人が多いです。

 

彼らに良かれと思って:「頑張れ」と励ましても、これ以上どうすればいいのか、と思うだけで事態は好転しません。

 

●4.批判せず聞き役に回る●
「たるんでる」や「怠けてる」とうつ病患者に対し批判するのは間違いです。

 

彼らは頑張った果てに疲れてしまっています。

 

相手を責めず聞き役に回り、患者に話させることで患者は楽になっていきます。

 

聞き入れる姿勢が大事です。

 

●5.ゆっくり休ませる●
うつ病患者は限界まで頑張り心が疲れています。

 

だからストレスを忘れてゆっくり休ませましょう。

 

焦って早期治癒を目指しても良いことはありません。

 

●6.相手を否定しない●
きっかけは様々ですが、自分の限界を感じ、自分を否定してしまいがちなのがうつ病患者の特徴です。

 

彼らの発言、思考、環境、存在を否定しないよう気を配りましょう。

 

否定的な言葉は禁句です。

 

●7.一緒に外出する●
太陽光はうつ病に対しい効果があることが分かっています。

 

しかしうつ病患者は自分一人で外出することが出来ないこともあります。

 

そこで最初は無理のない範囲で良いので、一緒に外出してみましょう。

 

段階を踏みながら外の楽しさを体感させることが重要です。

 

うつ病患者は自ら頑張ってきたけど、どうにもならず、心に病を抱えてしまった人たちです。

 

それを理解した上で正しく接してあげることで、彼らの病気も回復していくことでしょう。

 

焦らないことです。

 

自分で実践することができるセロトニンの3つの増やし方

セロトニンの物質を体内で増やすための方法は、複数存在しています。

 

うつ病を抑制する効果が期待できることから、セロトニンの自分での増やし方を知り、実践するために役立てることが望ましいのではないかと思います。

 

◆1.太陽から降り注ぐ光を浴びる
セロトニンの生成には、太陽の光を浴びることは必要不可欠であると考えられています。

 

体内でセロトニンの物質を効果的に増やすためには、太陽光が重要な材料になるとされているため、できるだけ長い時間太陽光を浴びられる生活習慣をおくることが良いと認識されています。

 

日中の時間帯に活動するように心掛けることや、意識的に屋外に出るなどして太陽の光を浴びられるようにすることなど、簡単な取り組みで実現できる可能性が高いと言えるでしょう。

 

◆2.体を意識的に動かす習慣を取り入れる
運動する時間が長くなるほど、セロトニンの量が体内で増加する可能性が向上するとされています。

 

意識的に歩く時間を増やしたり、階段での昇降による移動を多くしたりするなど、簡単な運動の習慣を細切れに取り入れていくことにより、セロトニンの量が増えていくのではないかとみられています。

 

こうした軽い運動を実践することによるセロトニンの増やし方については、短期間で効果の生じる傾向にあるとも考えられているため、チャレンジする価値があるのではないでしょうか。

 

◆3.腸内の環境を正常に維持する
腸内の環境が正常に維持されると、セロトニンを増やすために必要なトリプトファンという物質が脳に届けられやすくなります。

 

腸の働きが活発な状態を保つことは必要不可欠であると考えられているため、できるだけ腸の働きが停滞しないようにすることがベストであると認識されています。

 

トリプトファンの成分がセロトニンを増やすためには重要なものであると考えられていることから、このような点にも配慮することが求められています。

 

◆まとめ
セロトニンの増やし方には、いくつかの方法が存在しています。

 

そのため、複数の方法を組み合わせながらセロトニンが体内で増えるようにすることは、非常に効果的でうつ病の抑制にも繋げやすいと言えるのではないでしょうか。